KOOKS IN MALIBU

起きたら 朝9時過ぎ

 

Dejon も Ivana も起きてたけど 気を使って静かにしてくれてたみたい

 

突然 DejonとIvanaも一緒に行く事に

ちなみに二人とも サーフィンはしない

 

せっかくだから 1日みんなで一緒に過ごそうって Dejon

 

じゃあ みんなでマリブ行くか!

 

ノースヒルのDejonの家から マリブまで ちょっと遠回りして トパンガの山を抜けるルートを使う

 

 

数件のお店や郵便局が並ぶ トパンガのダウンタウン?

山の中にある この町は こじんまりしてて お店も オーガニック系の物が多く アメリカンヒッピーな感じ

 

 

LA方面から マリブ近郊を目指す事があれば 是非ともこのルートがおすすめ

 

 

山を下って マリブ到着

 

 

波は ムネカタ 昨日と同じ通りのロングライド

天気よし ワックスの具合も大丈夫

 

さっそく着替えて ラインナップへ

 

DejonとIvanaは ビーチでゴロンチョ

 

手前のピークは 混雑してたから 奥のピークへ

レジェンドクラスのショートボーダーに混じって 波待ち

 

セットはかなりいい 面ツル ショルダーバキバキ からの ゆっくりクルーズ てな感じ

 

じっくり待って すんごい良い波 乗り終えて ピークに戻ったころ

 

SUPの兄ちゃんと ショートボードのおじさんが 小競り合いを始めた

 

兄ちゃん 「ヘイ!前乗りするなよな!」

 

おじ  「は?俺の方がビハインドだったろ!」

 

兄  「俺の方が先に乗ってたじゃねえか!」

 

おじ  「ファック!おれはショートボードだぞ!お前は立ちっぱなしじゃねえか!!おー!」

 

SUPの兄ちゃんもヒートアップしてきて おじさんの周りをぐるぐる回りながら 見下ろしながら罵声を浴びせてる

俺は毎日ここでやってるとか おれは30年前からここでサーフィンしてんだとか

 

キリがない押し問答

 

はじめは 見てて 嫌な雰囲気やなて思ったけど お互いに言いたい事言い合ってるだけで  殴り合いになりそうな 危ない変な感じゃない様な気がした

 

 

けど お互い一歩も譲らない

 

 

 

結局 最後まで お互いの言い分を認め合わなかったけど

少しずつ距離を取り始めて 何事もなかったかの様に

 

 

マイペースにサーフィンしてました。

 

 

なんじゃそりゃ

 

 

 

さすが自由の国 年齢も板の長さも 関係ない

ただ思う事を言い合ってただけなのか!?   知らんけど

 

 

 

波よし 天気よし バイブス悪し

でも なんだかんだで 良い波 掴んで 1ラウンド目 終了

 

 

 

海から上がって 朝に作ったサンドイッチとフルーツをがっついて

ピースなランチタイム

DejonとIvanaにラインナップでの出来事を話した

 

どっちが悪いの?みたいな話になって

サーフィンのルールとかを説明した

 

Ivana「じゃあルール守らない方が悪いやん!」

 

俺「いやーそうやけど その時々のタイミングとか モラルとか色々あって

ルールだけじゃあないねんな〜。」

 

今回の出来事についても、よくある海での揉め事などなど

どっちが悪いかは、知らんけど

これは、説明しても伝えるのは難しいし

どこに行っても、そうならないようにするのもサーフィンのスキルの一つだと俺は思っている。

 

 

その後 もう1ラウンドやって夕暮れ前、

帰りの車で Dejonが

「とっておきの場所があるから行こう!」

と言って,まだまだ良いセットが入る

スイートなマリブ出た

 

 

夕日に染まる海岸線を 少し北上して

山の方に入っていく ぐんぐん山を登って 森の中の小ささなパーキングに

車を止めた

 

 

そこから 30分ぐらい 山道を歩いて

 

見えた景色

Nicholas Canyon
まだまだ旅は始まったばかり、明日はどんな日になるのか  予定は未定

そうこう考えてる時に、Christian からテキストが届いた!

 

Christian

「ヘイ!シュンジ!明日オーストラリアからLAXに着くから、迎えに来てくれよ!」

 

 

アイアイサー!!!