HAVE TO WORK IF YOU WANT TO SURF

朝起きてから、Christianに連絡するも繋がらず

飛行機乗ってんのやろなー

 

とりあえず海行くか

Dejonは、朝から友達と山登りでもういない

 

失業中のIvanaはヒマそうやし Christian先輩からも連絡ないし 海行くか!

 

 

て事で 二人でまたまたマリブへ向かった

 

どうやらIvanaは、昨日のマリブで サーフィンに興味が湧いたらしい

車の中で、サーフィンについて鬼質問 既にサーファー気分な彼女

 

途中サーフショップに寄って ウェットスーツ見たり

サーフィンを初めるにあたってのリサーチ

 

みなさまご存知のとおり アメリカはウエットスーツやサーフボードの値段も日本ほど高くなくて

アメリカでサーフィンする初期費用は、日本でやるよりかは 断然格安

 

でもねIvana その前に仕事しようね〜  とかなんとか言いながら 先輩風を吹かせてながら マリブ到着

 

 

 

ビーチにIvanaを置いて、俺は今日もラインナップへ

昨日とあまり変わらないコンディション

 

いつも通り 手前の方からエントリー

入ってすぐ 小さいけど、手頃な波にテイクオフ 少し走ったけど、早すぎたのでプルアウト

 

ゴン!!

 

あれ!?

 

あまりにインサイド、しかもロータイド

ボトムの岩に板がヒットして、ノーズが割れた ちょっとだけやけど

 

ショック 俺としたことが!

 

まだまだ旅は長いのに ヤンキーフィッシュ 早くも負傷。。。

 

海から上がって Christianに連絡するも繋がらない

 

まあ、そのうち連絡くるやろ

 

てな感じで、負傷したヤンキーフィッシュのノーズをさすりながら 夕方までいい波でがっちりサーフして

 

未だ音信不通のChristianを気にしながら 行きしのサーフショップで買った 緑のパラソルをたたみ

夕日のフリーウェイ ノースヒルのDejon邸へと車を走らせた

 

 

山登りへ出かけた Dejonは帰って来ず Chrisitianも連絡つかずで 本日終了

 

明日は会えるのか!?Christian Fletcher先輩