Author: delmar

Brea Skatepark Orange County   8inchi 以下のDECKでママの財布に興味はない。 SKATEBOARD業界へ向けての風刺メッセージであり、私の感じるSCUM SKATESとは? を短く表現している広告がJUICE MAGAZINEに掲載されていたのを覚えている。         確か、あれは Chris Cudlipp * の写真だったと思う。   私は1999年から2006年まで南カリフォルニア オレンジ郡 に住み SKATEBOARDとそれに付随する文化を24-7休むことなく真剣に向き合ってきた。そうして日本にいる今は日本の SKATEBOARDとそれに付随する文化,より良いSKATE環境を探求し続けている。   98年に渡米した時のDECKはCONSOLIDATED の TEAM MODEL 8.25を乗っていた。 オレンジ郡には34の町があり全てではないがほとんどの町に自治体が提供したCONCRETEで出来た滑走料金が必要ないSKATE PARKが存在する。   それを知った途端、狂ったように全て巡った。2ヶ月も経たないうちにコンプリートし、だんだんと気に入ったSKATE PARKが絞れてきた。中でも海沿いの町ではなく内陸の BREA(ブレア)という町のPARKが気に入って通い始めた。当時は良くBLIND /HABITAT    TEAMの    Ronnie Creager / james Craig / Danny Garcia 等が滑っていた。                    このPARKにはリズムの速いMINI RAMP と SPAIN付きのMINI RAMP, STREET SECTION ,         3’ to 5’ のKIDNEY BOWLもありバランス良くMIXされた総合のSKATE PARKだった。             SKATE人生初のKIDNEYへのDROP INはここだった。当時、日本のSKATE環境ではお目にかかれなかったKIDNEY BOWLの滑り方が全く分からなかったがまずは何よりもSKATE発祥の地の先進した環境に心の底から感動していた。 BREA...

起きたら 朝9時過ぎ   Dejon も Ivana も起きてたけど 気を使って静かにしてくれてたみたい   突然 DejonとIvanaも一緒に行く事に ちなみに二人とも サーフィンはしない   せっかくだから 1日みんなで一緒に過ごそうって Dejon   じゃあ みんなでマリブ行くか!   ノースヒルのDejonの家から マリブまで ちょっと遠回りして トパンガの山を抜けるルートを使う     数件のお店や郵便局が並ぶ トパンガのダウンタウン? 山の中にある この町は こじんまりしてて お店も オーガニック系の物が多く アメリカンヒッピーな感じ     LA方面から マリブ近郊を目指す事があれば 是非ともこのルートがおすすめ     山を下って マリブ到着     波は ムネカタ 昨日と同じ通りのロングライド 天気よし ワックスの具合も大丈夫   さっそく着替えて ラインナップへ   DejonとIvanaは ビーチでゴロンチョ   手前のピークは 混雑してたから 奥のピークへ レジェンドクラスのショートボーダーに混じって 波待ち   セットはかなりいい 面ツル ショルダーバキバキ からの ゆっくりクルーズ てな感じ   じっくり待って すんごい良い波 乗り終えて ピークに戻ったころ   SUPの兄ちゃんと ショートボードのおじさんが 小競り合いを始めた   兄ちゃん 「ヘイ!前乗りするなよな!」   おじ  「は?俺の方がビハインドだったろ!」   兄  「俺の方が先に乗ってたじゃねえか!」   おじ  「ファック!おれはショートボードだぞ!お前は立ちっぱなしじゃねえか!!おー!」   SUPの兄ちゃんもヒートアップしてきて おじさんの周りをぐるぐる回りながら 見下ろしながら罵声を浴びせてる 俺は毎日ここでやってるとか おれは30年前からここでサーフィンしてんだとか   キリがない押し問答   はじめは 見てて 嫌な雰囲気やなて思ったけど お互いに言いたい事言い合ってるだけで  殴り合いになりそうな 危ない変な感じゃない様な気がした     けど お互い一歩も譲らない       結局 最後まで お互いの言い分を認め合わなかったけど 少しずつ距離を取り始めて 何事もなかったかの様に     マイペースにサーフィンしてました。     なんじゃそりゃ       さすが自由の国 年齢も板の長さも 関係ない ただ思う事を言い合ってただけなのか!?   知らんけど       波よし 天気よし バイブス悪し でも なんだかんだで 良い波 掴んで 1ラウンド目 終了       海から上がって 朝に作ったサンドイッチとフルーツをがっついて ピースなランチタイム DejonとIvanaにラインナップでの出来事を話した   どっちが悪いの?みたいな話になって サーフィンのルールとかを説明した   Ivana「じゃあルール守らない方が悪いやん!」   俺「いやーそうやけど その時々のタイミングとか モラルとか色々あって ルールだけじゃあないねんな〜。」   今回の出来事についても、よくある海での揉め事などなど どっちが悪いかは、知らんけど これは、説明しても伝えるのは難しいし どこに行っても、そうならないようにするのもサーフィンのスキルの一つだと俺は思っている。     その後 もう1ラウンドやって夕暮れ前、 帰りの車で Dejonが 「とっておきの場所があるから行こう!」 と言って,まだまだ良いセットが入る スイートなマリブ出た     夕日に染まる海岸線を 少し北上して 山の方に入っていく ぐんぐん山を登って 森の中の小ささなパーキングに 車を止めた     そこから 30分ぐらい 山道を歩いて   見えた景色 Nicholas Canyon まだまだ旅は始まったばかり、明日はどんな日になるのか  予定は未定 そうこう考えてる時に、Christian からテキストが届いた!   Christian 「ヘイ!シュンジ!明日オーストラリアからLAXに着くから、迎えに来てくれよ!」     アイアイサー!!!...

          現地時刻 AM9:00 LAX 到着   日本時間なら ちょうど夜中の 1時 カワイイあの子も夢の中       いまいち寝れなかった 飛行機 コンピュータ導入で 意外と すんなり通れたイミグレーション   いつもよりスムーズに 預けた荷物も受け取り あっという間に 到着ゲートから 外へ出た タバコを吸いながら あたりを見渡す     久しぶりに来たけど 全く変わらない 雰囲気 ふいー               まずは 予約していたレンタカーを取りに行く シャトルバスでレンタカー屋に 向かう途中に LA近郊に住む Dejan   に電話してみる       S ヘイ Dejon 着いたぜ   D イエーイ サン!! おれん家くる?   S 先にサーフィンしてから行くよ! 晩飯一緒に行こうぜ!   D 行こうぜ!今夜おれん家 泊るだろ?   S いやーキャンプしよと思ってるけど   D そんなこと言うなよマイフレンド!泊れよ!   S イエス!泊る!   D OK エンジョイ サン!!   S じゃあ 後でな!ありがと!       そもそも 行きあたりばったり 一人でキャンプしながら 仕事 サーフィンを こなすって感じで考えてたけど いきなり 初日から 友達の家泊り それはそれで まあいいでしょ     Dejon とは数年前 サンディエゴに住む 友達 Matsuに紹介してもらったのが始り そのサンディエゴに住む Matsu とは...

          今回 渡米する為の 数ある目的の中で 重要な部分のひとつにある   SCUM SKATES との契約   これを実現させる為に この日は 東京OGS万円くん PCHあだっち TACORIDEモッチ   とセッションする予定となっていた     サウスウエストジャパンから 飛行機で1時間30分 羽田に着いたころには すでに OGS万円くん PCHあだっち と豪華なメンバーでお迎えに来て頂き 幸先のいいスタート   さっそく 車に乗りこみ 流れる 東京の景色をみながら 行く先は知らされずに 目的地へ     着いた場所は 東京某所 名だたるブランドが 仕事を依頼する シルクスリーン工場     そこで いきなり出てきたのが TACORIDEモッチ     モッチは 過去に  Hantington在住 その時 FullertonでScum choloと出会い・・・・省略   要は 今回の話の重要な人物     待ち合わせ場所付近だと思われるあたりで パーキングを探してる時に 突然飛び出してきた モッチ   髪の毛は赤色   モッチ 『そこの道路渡ったところの コンビニに車停められるからさ~』     言われた通りの コンビニに車を 停めて ついでにビールも買って いまいち訳も分からないまま 怪しげなシルクスクリーン工場へ   工場内の 明るい照明でみる モッチの髪色は キャップ越しにも 真っ赤なのが分かった     そこで自己紹介やら なんやら チョンチョンピ~ と済ませ     みんなで インド人経営の餃子屋 プッシュ 踏切で鬼ゴケ からの アダッチの家 トミカセッション IMG_6983     奥さん 激怒 ケンイチくんへ 国際電話 てな感じで テンポよく進み その日は解散     話した内容は もっぱら SCUMの話   ジャパンリミテッドや カスタムカラー SCUMJAPANの 可能性を無限に感じ ポジティブな やる気を みんなでシェアした 素晴らしい夜と なりました     そしていよいよ渡米当日 アダッチ宅で シャワーを借りて アダッチの手料理(うどん)を 頂いて     午後15:45 のフライトまで 時間が許す限り アダッチJrの ジュンタも 交えて 得意のグダグダ   空港まで 盛大なお見送りを 頂き 無事 LA行き DELTA便に 乗り込んだ僕は   2年ぶりの カリフォルニアの夢を 見ながら 彼の地へと 向かうのでした しかも 三列シート ひとりで貸し切りだぜ!!   ラッキー ヤッホーイ グッバイ ジャパン バカヤロー                      ...

          みなさま どうも ご無沙汰です。   元気です。   そして ご無沙汰ついでに 渡米しますねん。   今回の目的は、 Skankin Resin Craft より提供してもらった サーフボードのテスト   泣く子も黙る SCUM SKATES  との代理店契約   旧友との再開   Chritsian Fletcher 先輩とのサーフィン合宿   ガラクタ買い付け   新たに出会う 人たちとのセッション   などなど、もりだくさん オカマ風に一言で言うと   カリフォルニアを満喫しちゃうぞっ キャピ   てな感じだわよん     それでは おじさん一人 キャピり旅の はじまり はじまり~ 出来るだけ忠実に 臨場感あふれる感じで 報告していきますので   チャンネルは そのままでっ     つづく    ...

先日 内海 Cinema heaven で行う予定だった "Snow applle"のライブ   雨の為、他の会場を探しているとの事で   SWJ労働組合の仲間同士という事もあり ブラディールで即日決定 急きょTreasureisleでの開催となりました。   来た人は分かると思うけど "Snou applle"   なんとも 珍しいというか はじめてな感覚の 芸風で 高級感すら感じる 贅沢なひと時でした   こんなの まず 宮崎ではないでしょう しかも投げ銭 エントリーフリーです。 来なかった人は 死ぬほど 後悔して欲しいですね       まあ これ以上は語らず 当日の写真で空気感を味わって頂いて 興味がわいたところで おのおの youtubeだのなんだのかんだの 得意のあれで ディグってくれや             最後に一句   北欧の 風を感じた SWJ   お粗末でした。      ...

  皆様 こんにちは お知らせです。   近場の人は 知っているかと 思いますが   内海の シネマヘブン 早 創立1周年という事で   今週末 盛大にパーティする様です。   日曜日は それにともない TreasureIsle ポップアップ店 内海 Cinemaheavenにてオープンします   なので 清武本店はお休み 頂きますので よろしくお願いします。     CinemaHeaven クルーとは 仕事に 遊びにと 大幅にリンクしておりまして これを欠席するわけにもいかず お祝いに駆けつける 所存でございますので 知ってる人も 知らない人も この日は 内海CinemaHeavenにお越しください   当日は 個性あふれる素敵なお店やアーティストも 多数 来場する予定ですので     日ごろ 理不尽な上司に いぢめられている あなたも きっと楽しめると思います   まだまだ書きたい事は てんこもりに ありますが ここで感情を 爆発させても しょうがないので この記事は この辺で、、 最近 差し歯が取れた オーナー ヒロの こだわりがつまった CinemaHeaven 1周年です 皆で祝いましょう よろしく          ...

どうも御無沙汰しております。   すっかり春ですね  やっぱり暖かくなると   お店に足を運んでくれるお客さんも増えてきて 嬉しい限りです   特に 「スケートボードはじめたいんですが」 てお客さんが多いです。     この前来てくれた人は 渋い50代の方   やっと子育ても落ち着き自分の時間が持てるようになったって事で   どらいっちょ スケボーでもやってみるか!ってなったらしい     少々緊張気味で 年甲斐もなくなんて 言ってましたが     この発想大好きです。 かっこいい 何かを始めるときに 遅すぎるとか 絶対ない 幾つになっても そういうの大事     もう心の限り応援したくなっちゃいます。 うちのボウルは結構ハードコアな構造ですが、下からやればなんてこたあないし 基本さえ身に付ければ どこでも滑れる     ちょうど誰も滑ってなかったし 2時間程 マンツーマンで汗だく指導     TreasureIsle お店はじめて この4月で 5年   こんな感じで ビギナーも結構きますし いつでも ウエルカムです   でも たまに ちょっと 残念なパターンがありまして まあ残念ってほどでも ないんですが   そらないぜー て感じ とか もったいねー て感覚なんですけども         まあ ビギナーの人来ますよね 中には自分のスケボー持ってくる人 いますよね   その持ってくる スケボーで一番多いのが 前のトラックが グネグネ 動くやつ   サーフィンの陸トレ用みたいな 感じで売られてるあれです   個人的には あのグネグネ大嫌い あの間抜けなグネグネの動きがダメ   何のトレーニングにもならんやろ ぐらいに思ってます。   実際フラットならそこそこ 遊べる代物だとは 思いますが、 スケートパークやボウルでやるには よほど上手くないと 乗りこなせません   なので TreasureIsleにビギナーの人が グネグネボードを持って 現れた時は   まず それで滑ってもらいます。   次に バッチリ セッティングの出てる 調子のいいボードを貸して 滑ってもらいます。   そら 体にあったサイズで アール用の良く走る 調子のいいボードでやった方が 間違いなく 上達も早いし 楽しい     てのを 身をもって分かってもらいます。     みっちり指導すれば 大体の人は 初日で そこそこ滑れるようになります   で2回目はコレ 3回目はコレと 段階を踏んで教えて行きます。   その中で ボードの説明や スケートボードの歴史の話なんかもして 色々教えます。     それが 僕の 仕事で 楽しみ       でも たまに  2回目 3回目 に来た時に どっかで 新しいスケートボードを買ってくる 人がいてまして しかも それやる人の特徴は とにかく粗悪な安物買ってくる     量販店で売ってるコンプリートなら まだマシやけど リサイクルショップで錆ついた中古とか 下手すりゃ トイザ〇スとか   これされると 残念てゆうか 一気に萎えますねんな~   そら本音言えば うちで買って欲しいよ こっちも 分かって欲しいし サポートしたいし 楽しんで欲しいから 真剣に対応してるねんけど   こういう人は そんなの 分かってない 分かってくれない   とにかく安くで買いたいって感じ しらんけど   で結果 使えない オモチャを 安くで手に入れて そのうち玄関先に放置 てルーティーン しらんけど     あのね スケートボードは オモチャじゃないんですよ スケートボードは 道具   車とかバイクとか サーフボードなんかもそう   用途に合わせて 色んな形 仕様があって 自分の理想やスタイルに合わせて チョイスするんだよ   TreasureIsle では そこをサポートしたい いや させてください     なんか やらしい内容に なってしまいましたが   これが本音で これが義理人情   みなさま これからも よろしくお願い致します。                    ...